2016,11,10 「印」

“自分の正体を思い出す”


というのはやっぱり
生きる上で、大きなテーマだと思う。

そのために私は
作り続けている気がする。


「これ、やっぱり良いですね。」

と、その人の手が
私の耳元で光るPeacockに触れて

シャランと揺れる美しい音が


頭の中に
身体の奥に響いた瞬間
何故だか分らないけれど
想いが溢れた。


“デジャヴ”とは違う

とても懐かしい気持ちと

嬉しさと
少し切ない気持ち

とても愛しくて不思議な感覚が
今も頭から離れない。

思い出す度に
頭の奥が揺れる様な
ボーっとした気持ちになる


大切で深い縁を持つ人に
私を見つけて欲しくて


そして、私が自分自身の事を

思い出す為に

自分と、その人を繋ぐ目印となるものを

作り続けているんだと分かった。



それが正解かどうか分からないけど


身体が感じたから
きっとそうなんだろう。


納得した気持ちよさ


・ ・ ・


作る事が好きだ


沢山の色彩やデザイン

自分が作り出すものは

好きなものばかりだけど


自分が着けようと思うのは本当に稀で
いつもどこか、それは
“渡るべき人がいる”
そう感じていて

そういう方の元に収まり
着けているのを目にできた時に初めて
ホッとするというか

私の手で生まれた“もの”の
本当の姿や、役目を知れた気持ちになる。


完成と、本当の意味での

始まりを見れたという思いになる



・ ・ ・



“自分を知る”

というのは、良く耳にするけれど
それは一体何なのか。


自己分析なのか
ルーツや、前世を知る事なのか…


私は
“今ここ”に生きている自分の
身体と、精神が繋がる事だと思う。



それは、答えを求めたり出す事では無い


説明がつかなくても
きちんと繋がっている状態で感じたもがあれば
それが全て


だから、なるべく
いつも曇らない状態でいたいなと
今は、それだけに力を注いでいる。

私には、難しい事は分からない
それは、きっと得意な人がいる

私ができるのは
するべき事は

目の前の方や、仕事に全力で向かう
そして、自分の魂の喜ぶ事をする
心では無く、魂の喜ぶ事


その2つだけ

日々する事は沢山あり
生きている中には色々なルールもあるけれど
昔に比べて、ずいぶん
シンプルで穏やかな所へ来れたと感じる

一人では到底難しかったけれど
出逢いや、周りの存在のおかげだ
本当にありがとうございます。


月が満ちる。

大きな力に引かれる心地良さに酔いながら
足を取られない様に、大地を踏みしめる

地に足を着け
強くしなやかに
美しく生きていきたい。

巡る日も、素敵な一日になります様に
大切に、丁寧に
今日も一日を重ねていこう

周りの全てに
心からの愛と、感謝を込めて。



2016,11,10


e0379353_01013562.jpg






【atelier MARICA】




オーダージュエリー


ブライダルジュエリー


リメイク・リペア


アクセサリー




〒542‐0081
大阪市中央区南船場2‐4‐19・208


予約制


予約・ご相談はこちら




[PR]
by marikokawamoto | 2018-03-21 00:56 | diary | Comments(0)

ジュエリーブランド「atelier MARICA」デザイナーのブログ


by Mari Kawamoto