鞠花 began in Paris

鞠花が始まったのは

去年のPari公演


9名のアーティストと一緒に

インスタレーションをした際


私が美しいと思う世界は

何だろうとずっと自分に問いかけていた。


いつもの様にジュエリーという

形にするだけでなく


美しいと感じる事を

自分の“存在”を使ってどう表現するか…


その時に心に見えた風景は

祖母が作った鞠だった。


e0379353_02310079.jpeg


いつも、遊びに行くたびに

ガラスケースに入れて玄関に置かれている鞠が

私はとても好きで


どう使うわけでもないけど

ずっと眺めていた



それを身に付けてショーに出る事に

鞠 が浮かんだ瞬間

悩んでいた装飾品(ジュエリー)のデザインも

どんどんと出てきて


演出の方が

ショーの内容を

鞠が大きな役割をしめる素敵な

ストーリーを作ってくれた


e0379353_02355121.jpeg



e0379353_02363884.jpeg


e0379353_02381572.jpeg


当日の朝、パリの町並みの中で


e0379353_02402170.jpeg



自分の中にある和と

目の前に広がる

荘厳な洋が入り混じる

不思議な世界



e0379353_02415626.jpeg


e0379353_02431389.jpeg



鞠と共に

制作したジュエリーを

一つ一つ身につけショーが始まる


e0379353_02443034.jpeg


e0379353_02450639.jpeg


e0379353_02452891.jpeg


e0379353_03063719.jpeg


e0379353_02454058.jpeg


あっという間の時間で

途中の記憶がほとんどないけれど


自分の中から初めての感情や感覚が

生まれてきた瞬間があり


懐かしさとか、幸せな気持ちとか

見えた光

どう表現したら良いか分からないけれど

熱いものが溢れてきてきた

あの一瞬が忘れられない


それが“鞠花”の始まり。




鞠花という名はその後

頭に浮かびつけて


読みが同じで


MARICAのコンセプトでもある

「花の様に美しく生きる」


そして鞠花という花もあり

全てがしっくりと


まるで、元々そこにあったかの様に。



その後、ヴィジュアル撮影や

作品を作っていったり


その時々のご縁がつながり

色々な形に


e0379353_02553561.jpeg


e0379353_02571108.jpeg


香港で式をあげる方からのオーダーで

結婚式のブーケや



e0379353_03035240.jpeg


e0379353_03070369.jpeg




ウェディングを始め

様々なヘッドドレスなど


これからどんな形や存在になっていくのか

分からないけれど

楽しく大切に育てていきたいと思う。



少しづつ形になってきた

鞠花のコンセプトはここから


e0379353_03133701.jpeg







【atelier MARICA】


http://marica.jp


オーダージュエリー


ブライダルジュエリー


リメイク・リペア


アクセサリー




〒542‐0081
大阪市中央区南船場2‐4‐19・208


予約制


予約・ご相談はこちら




[PR]
by marikokawamoto | 2018-08-14 02:22 | 鞠花 | Comments(0)

ジュエリーブランド「atelier MARICA」デザイナーのブログ


by Mari Kawamoto