今、何を感じているか

Peacockをメンテナンス中


e0379353_17251178.jpeg


この子の持ち主は
私の地元の友人

メンテナンスをしながら
沢山着けてくれているのが伝わってきて
嬉しくなる。



・ ・ ・

彼女は学生の時から県外に出て
結婚、出産し
その後旦那さんとお別れをして
今年から愛媛に帰ってきた。

以前住んでいたのが関西だったので
たまに会ってお茶をしたりしてたけど
前に話した時から少し間が空いていて

愛媛に戻ったと聞き
帰省の時に久しぶりに会えた彼女は

相変わらず綺麗だったけど
以前と顔が違っていて

自分の人生を
生きる事を決めた人の顔をしていた。



一つ前に合った時
綺麗な服を着て、ロングの髪を
きちっと結んでいたけれど

生命エネルギーというのだろうか
放つ光が、今のがとても強くなっていて

それが、私はとても嬉しく
ほっと安心した。


・ ・ ・



離婚がどうかに関わらず
夫婦にはそれぞれ
色んな形があって

夫婦に限らず
家族や友人、仲間といった
親しい人や関わりが深い人とは
必ず色々な事があったり
沢山の感情が出てくる。

その中で、見失わず
大切にしたいのは

“今私は、何を感じているか”

嬉しい事もあり、悲しい事もあり
一人の時も、大勢で過ごす時もある。

それが一見、世間から見て
素晴らしいとか、良いとされている状態でも
そうではない状態でも

一番大切なのは
“私は今何を感じているか”

条件じゃない
物でも人でもなくて
目に見える世界は全く関係無い。

感じている感情が
良いか、マイナスかも関係無く

何を感じているか
それがマイナスの感情だったら
本当に望むのは
心がどんな状態であるか。



それをしっかりと掴むために
日々色んな事が起きる

私は何が幸せで、何が嫌なのか
自分を生きる上で絶対に必要な事

隣にいるどんなに大切な人でも
それは一緒じゃなくて

人を見ても、学んでも分からない
自分で一つ一つ感じて、知っていくしかないし

その自分すら、日々細胞が
生まれ変わり続けている様に
絶えず変化している。

だから、必ず変わり続けている

その事も忘れない様にしたい


今何を感じているかは大切で

でも、過去何を感じていたかに

囚われない様に。

・ ・ ・


“今”を感じ続けるしか無い

どこで何をしていても
その事は人間の共通テーマで
真理みたいなものだと思う。

だからこそ

目に見える状態ではなくて
その人の中にある光がどんな状態か
私の中の光はどうだろう…

それを基準に
生きて生きたいと思った。



少し涼しくなった秋の夜
そんな事を思いながらメンテナンスを

手の中の孔雀は
また彼女の元で輝けるのが待ちきれず

キラキラ放つ光が本当に綺麗で
私にもエールを送ってくれている様で
とても嬉しくなる。






【atelier MARICA】


http://marica.jp


オーダージュエリー


ブライダルジュエリー


リメイク・リペア


アクセサリー




〒542‐0081
大阪市中央区南船場2‐4‐19・208


予約制


予約・ご相談はこちら




[PR]
by marikokawamoto | 2018-10-11 17:20 | ジュエリー制作 | Comments(0)

ジュエリーブランド「atelier MARICA」デザイナーのブログ


by Mari Kawamoto