人気ブログランキング |

オリジナルジュエリー “ HIRUME ”

オリジナルジュエリー

“ HIRUME ”


e0379353_20111160.jpeg



ヒルメとは

日女=偉大な太陽の女神


そしてもう一つ

日の妻 =太陽に愛された女性


二つの意味を持つ。



厚い扉の奥に

閉じ込められていた太陽の光が

復活する時


女性が光の力を取り戻し

男性が、元の役目へ戻れる

時代が来るのではないでしょうか。


・ ・ ・ ・ ・

▪︎ペンダント HIRUME

240,000円+tax


18KYG・バイカラートルマリン


e0379353_20255192.jpeg



「 元始、女性は太陽であった。」


作家 平塚らいてうの

記した言葉


元始、女性は太陽であった。

真正の人であった。

今、女性は月である。

他に依って生き、他の光によって輝く

病人のような青白い顔の月である。

私どもは隠されてしまった

我が太陽を今や取り戻さねばならぬ。


その解釈は


そもそも、女性は太陽である

自ら光を放つ真正の人(本当の人)であった。

しかし、今の女性は

自ら光を放つことのない月の様なもの。

他からの光をもらって間接的にしか輝けない

病人のような存在である。

女性はそもそもの自ら輝く存在として

復活しなければならない。


・ ・ ・


この時代に比べたら

男女の関係性はとても変化した。


そしてここにきて

関係性がまた

大きく変わろうとしている


私は、

今の日本で当たり前とされている

男性と女性の役割は

本当は逆だと思っています。


女性は

新しいものをこの世に産み落とし


男性はそれを

育て、調和をはかり

形にして拡大させていく力を持つと

感じています。


一人一人の持つ

人格や個性とはまた違い


それぞれの“性”の持つ特性

身体の作り、認識能力

表現方法などが


今と逆の役割に当てはめてみると

とても自然に感じます。


前日行われた

祝賀御列の儀のパレードの後

皇后雅子様がクローズアップされ

これまで知らなかったことや

本来の姿や、今までの軌跡に

光が当たった時


私たち日本人の中で

今までと違う

感情だったり、認識が

生まれてきたのではないでしょうか。


皇后雅子様の持つ力の偉大さと

愛に溢れた心や姿勢


天皇皇后両陛下

お二人が築きあげてきたものは


どちらが主で

それをサポートする関係ではなく

お互いを想い合い

そしてお二人が共に

日本や世界の未来を見つめ

歩みを進めている姿は


これからの時代にとって

主となるもの。


日本が、日本の男性女性が

本来の役割で共にある

力の広がりのすごさを


感じた方は

沢山いるのではないでしょうか。


長い月日を経て

沢山の変容を重ね、迎える時代は


お互いが本来の姿で

正しい関係性を築けるものに

なりますように

そんな願いを込めて。


e0379353_21065406.jpeg


男性的エネルギーと

女性的エネルギーが共存する

“ バイカラートルマリン ”


沢山の色がありますが

オレンジとイエローの組み合わせは

とても珍しい



美しいこの宝石は

心を自由にする力を持つ。


障壁や縛りを解き放ち

真の目標に向かい歩みを進める

サポートをしてくれる。


あなたが心から望む

未来を掴み取るために。


あなたがこれから作り上げていくのは

自他、性別、人種、国境

あらゆる境界線を越え

喜びに満ちた関係性


太陽の欠片のような

バイカラートルマリンは

そんなあなたの未来を見せてくれる。


・ ・ ・


MARICA 4th 展示会


・ 日時 ・

11/23〜30 

※24(日)定休日


MARICA在中

23〜27日 12:00〜18:00

28〜30日 12:00〜20:00


・ 場所 ・

La Sante (大阪・南船場)

サロン&カフェ


大阪市中央区南船場4-8-5・2階


フランスの情景を思わせる

素敵な空間で皆様のお越しを

お待ちしております














【atelier MARICA】


http://marica.jp


【atelier MARICA】


http://marica.jp


Instagram


FBページ



オーダージュエリー


ブライダルジュエリー


リメイク・リペア


アクセサリー



予約・ご相談はこちら




by marikokawamoto | 2019-11-11 20:10 | ジュエリー制作 | Comments(0)

ジュエリーブランド「atelier MARICA」デザイナーのブログ


by Mari Kawamoto